ネタバレ

日に焼けるまでネタバレ2話♪ブッコミ配信

毎日抜けるエロ漫画探している管理人です♬
令和最初のチンジャオ娘著1発目のおとな漫画「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~(ブッコミ配信、達磨さん転んだ/チンジャオ娘著)」の2話のネタバレと感想を書きたいと思います♡このブログでは、最終話まで更新しますね♡

         
日に焼けるまで
~田舎の従姉弟と姉と弟~の
無料試し読み方法

  1. このページに張り付けしてあるお好きな画像をタップします♪
  2. 公式ページに移動しますので無料立ち読みをタップします♪
  3. 日に焼けるまでのページに移動しますので無料試し読みをタップします♪
  4. あとは読むだけです♪

♡無料試し読みをしてみる?♡
はい  いいえ


日に焼けるまでネタバレと感想2話

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~のあらすじ2話 指入れてみてええよ…攻守交替で手マンとクンニ

はじめての手コキをそれぞれの従姉に

してもらった弟二人でしたが、

あまりの気持ちよさにすぐ射精して

顔射しました♡

 

顔に出すとかありえないんですけど…

と涼音に怒られたタケルは「ごめんっ だって

すず姉の手でシコってもらうの気持ちよすぎて

と謝る。

じゃあ約束どおり今度は…」と

まな姉はパンツを脱ぎ始めると

すず姉もゆっくりパンツを脱ぎだした…♡

日に焼けるまでネタバレ1話はこちら♡

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~の感想2話 弟たちのクンニが気持ちよすぎて…

愛実と涼音が自分たちでパンツを脱ぐ

シーンはエロいと思いました。

パンツを脱いでスカートを捲り上げて

前に弟たちを座らせるのとか興奮しますね。

たまらないです。

 

タケルに毛が生えてるのを見られて恥ずかしがる

涼音はとっても可愛らしいですね。

ヒロキに毛がある方がいいん?と聞いて

無いほうがいいと言われたときのふんっと拗ねた

涼音も可愛いです♡

 

指入れてみてええよと手マンに誘導する愛実。

タケルに入れられる前にすでに濡れていた涼音。

自分でするのと全然違うと手マンを堪能している

二人はエロすぎます…!

 

俺…すず姉のマ〇コ舐めてみたい!

とクンニをしだすタケルに「誰がそんなこと

していいなんて…っっ♡」と言いながらどんどん

顔が気持ちよさそうになってきて喘ぎ声も出てきます。

愛実もヒロ君にあれしてほしいとおねだりして

縁側で従姉弟同士2組で並んでクンニされて喘ぐ

シーンは…ぐっときますね~!

日に焼けるまでの無料試し読みはこちら♡
日に焼けるまでのTOPページはこちら♡

詳細な日に焼けるまで2話ネタバレと感じたこと

日に焼けるまで1話はいかがだったでしょうか?

性格も見た目も違う魅力を持つ涼音と愛実に

興奮した人も多いのではないでしょうか?

今回は日に焼けるまで2話の詳細な内容を

私の視点からしっかりと解説していきたいと

思います(#^^#)

 

「精子ってなんか変な味やね♡」精子がついた手をチュポチュポと舐めるまな姉

「ティッシュ!とってきて早くっ」

顔に精子をかけられた涼音はタケルに

ティッシュをとってくるように指示。

 

愛実は精子を手にとって眺めている。

「ま まな姉もティッシュ使うよね?

ちょっと待ってて… まな姉?」

ヒロトが話しかけてもまな姉は精子を

黙ってみている。

そして… ペロ♡チュポチュポと精子を

舐めだした。

まな姉は美味しそうな笑顔で「うーん…

精子ってなんか変な味やね♡」

 

タケルは自分の精子も舐めて欲しいと

思ったのか…

「涼音ちゃんも舐めてみん?」と

すず姉に勧めると。

「い 嫌よ 汚いっ」と怪訝な顔で

拒否する涼音。

 

「ふたりともこっちきて…しゃがんでみて」それぞれ従弟をま〇この前に座らせるように誘導するまな姉

「じゃあ 約束どおり今度は…

ウチと涼音ちゃんの見せてあげるね」

まな姉とすず姉はパンツを脱ぎだした。

 

縁側に並んで座る二人。スカートを

捲り上げてまな姉は「ふたりとも

こっちきて…しゃがんでみて」と言う。

すず姉は恥ずかしいのか二人とは目線を

合わせない。

 

ま〇こから10センチの距離に従弟の

顔がきて見られているまな姉は「えへへ…

これ恥ずかしいね涼音ちゃん どうかな…

ヒロくん ウチのアソコ変じゃない?」

 

誰かにまじまじとま〇こを見られる事

なんて今までなかったので恥ずかしがる

二人。

でも、ヒロくんもま〇こを見るのは

はじめてなので「え た たぶん…

無修正で見るの初めてだから…」

はじめての無修正ま〇こに生唾を飲む

ヒロくん。

 

タケルはすず姉のま〇こをキラキラした

目で見ている。まるで綺麗な宝石でも見ている

ような目だ。

「あっ すず姉毛が生えてる!」

そのタケルの一言に姉のアソコに

毛が…!?と意外すぎて驚くヒロト。

「ちょっとヒロ…こっち見ないでよ」

さすがに弟にま〇こを見られるのは

恥ずかしい涼音。

「タケちゃんもこっち見たらアカンよ

自分の弟に見られるとか嫌やもん」

とまな姉もタケルには見られたくない

らしい。

「俺だって姉貴の子供マ〇コなんか

キョーミねーし!」

とタケルが言い返すと

「えっ!?なんで知っとるの!?」

と毛が無い事を知られているのかと

思って驚くまな姉。

「えへへ…♡ヒロくん指入れてみてええよ」

「ヒロ君はアソコの毛 生えてる子

のほうが好きなん?」と弟にどっちが

いいか聞く涼音。

「え?いや…僕は…な…

無いほうが…良いかな」

そう言われて涼音は「ふんっ

この歳なら生えてるのが普通よ」

と少し不満そうに言う。

「俺は生えてるほうが

大人っぽくてエロいと

おもうけどなぁ」

とタケル。

 

見られてるだけで興奮してきた

まな姉は…

「えへへ…♡ヒロくん

指入れてみてええよ」

とま〇こに指を入れるように

誘導するまな姉。

初めてなので少し慎重に指を入れる

ヒロト。

「そう その下のほうから…んん♡」

とすでに感じているまな姉。

 

「お オレもいいよね!?」と

一気に奥まで入れるタケル。

「あ ダメ!そんな奥まで んっ」

でも涼音はすでに濡れていたらしく

声を出して感じている。

「俺…すず姉のマ〇コ舐めてみたい!」タケルは犬のようにマ〇コを…

まな姉もヒロトに奥まで入れられて。

「んん♡これ…人にしてもらうの…

自分でするのと♡あ♡ぜんぜん違うね

涼音ちゃん」

涼音も顔を真っ赤にして「ん…うん…」

涼音もオナニーしたことあったことに

驚くヒロト。

「俺…すず姉のマ〇コ舐めてみたい!」

いきなりすず姉のマ〇コをまるでエサが

入った皿を舐める犬のように舐めだす

タケル。

「えっ!?こら…!誰がそんなこと

して良いなんて…っっ♡」

 

「すず姉!このちっちゃいチ〇コ

みたいなの吸っても良い?」

「ダメ…そこは敏感だから…ひ…っ」

 

まな姉はタケルのクンニをみて

「涼音ちゃん気持ちよさそう…

ねえヒロくん…ウチにもあれ…

して?」

 

「ううん…!」

ヒロトも犬がエサが入った

皿を舐めるタケルのように

まな姉のマ〇コを舐める

 

激しいクンニで喘ぎまくる

愛実と涼音。

タケルの激しいクンニで

イかされた涼音をみてヒロトも

負けてられないと激しいクンニで

まな姉をイかせた。

 

●感想と考察

2話は、とにかくエロいシーンが

丁寧に描かれていました。

愛実と涼音から積極的に弟たちを

誘うのがドキドキしてしまいました。

女の子の恥じらいって色気に繋がると

考えているんですが、涼音よりは積極的

な愛実でさえはじめて他人にマ〇コを

まじまじと見られることには恥ずかしさを

感じていましたね。

 

でもその前の弟たちがイったあと

次は…と言ってパンツを脱ぎだす

シーンはよくそんなに堂々と自分から

パンツを下ろせるなと思う程ですよね…

まあ下ろし方はちょっとゆっくり抵抗がある

感じにも見えますけどね。

 

男でも友達と隣に並んで女の子に

ちん〇んの違いを口に出されたり

評価されたらかなり恥ずかしいと

思うのですが、それを弟たちにされる

のですからそれは恥ずかしいですよね。

 

毛が生えてるとを指摘された涼音は

思春期でこれは恥ずかしいと思います…

そこから毛があった方が良いのか無い方が

良いのかみたいな小競り合いがあるのですが

30超えた大人が毛がある方が良いのか無い

方が良いのかと話してるのとはまた違います

からね…(笑)

 

あと、涼音に毛が生えてたりとか

オナニーの経験があることがわかると

ヒロトが結構反応するんですよね。

毎日姉と一緒に暮らしてるのに…

あの姉が…意外だ…と言った感じで

ヒロトは思春期になって姉を変に意識

するようになって最近は会話も減ったと

言っているが、どこかでやはり姉を異性と

して強く意識しているのかもしれませんね。

もしかしたら3話以降は涼音とヒロトが…

みたいな展開もあるのでしょうか?

現実にはなかなか無い禁断のエッチで

どきどき出来るのもエロ漫画の魅力です

よね。

 

家族が横に居て親戚と…親の目を盗んで♡

設定からドキドキする要素盛りだくさんで

話が進んでいますね。

貴方はどのシーンにドキドキしましたか?

3話も詳細にお伝えしていきますので

ぜひ読んでくださいね(#^^#)

公式サイトはこちら♡